暴行はいじめられて要る幼子が原因!?

「虐待」というと、「激しいヒューマンが弱いヒューマンを」とか「もう著しくなれば」といったキーワードがよく出てきます。
漫画『ドラえもん』のジャイアンってノビ太ものの脈絡を想像やるのかもしれません。
ただし、ほんとに「凄いから虐待を行為」、「弱々しいからいじめられる」のでしょうか?
本当はこういう「激しいヒューマンが弱々しいヒューマンをいじめる」という理論は間違っています。
ぐっすり、考えてみると虐待はサシではなく、虐待をする手法は
種族で虐待を行うのです。
は、悪いことをする第三者というのは、種族でなければ悪いことをできないのです。
虐待自殺の報告で話題になったお葬式ごっこもを調べると、その多くは、階級ぐるみで独力を追い込んでいます。
自ら台数十第三者に対抗できるほど、凄いキャラクターはどこにもいません。
ですから、「しょうもないからいじめられる」のではなく、何だか、一対多台数の種族リンチ。
それなのに、耐え難い虐待にあいながら、
傍から「情けない」という不名誉な付箋まで貼られてしまう。
こんな、凄いことはありませんよね。
周りの人から、いじめられておるキャラクターが虐待だと報告することによって
再び弱虫や、劣等ヒューマンなどと付箋をはられてからには・・
虐待をされているこどもが虐待を包み隠すことは無論かもしれません。
周りに不具合をかけたくないという思いも出てきてしまうのでしょう。
虐待にあうのは、か弱いからも悪いところがあるわけでも無く、
何の因子もありません。
ふと相手方がターゲットにしたのみ。

毎年世俗を騒がせていらっしゃる「虐待邪魔」
虐待は何故起こってしまうのでしょうか。
また、虐待をしてしまうこどもは何故虐待をしてしまうのでしょか。
凡そ虐待をしてしまうユニットというのは、決まっているかと思います。
虐待をするは、虐待をするこどもが憎くて嫌いだから、目障りだから、不満だから・・
といったきっかけなどから始まるかと思いますが、どうそういう気持ちになってしまうのでしょうか。
世の中には恨みつらみがあるのは致し方ないことだと思います。
大勢がいますので、あの人がねたましい、この人が羨ましい、あの人のようになりたい・・などは
おそらくキャラクター誰もがおもうことでしょう。
妬みにて、忌々しいからという理由でいじめることもあるのでしょう。
但し、第三者を妬んだりしても仕方の乏しいことです。
虐待をするこどもができすぎるこどもでねたましいからいじめて仕舞う・・はおかしなことです。
そのお子さんを、羨ましく思ったりすることは人のフリーですが、自分がむかつくからといって
そのお子さんをいじめてしまうのは、どうにかと思います。
いじめられるこどもは中でも悪いことをしているわけでも無く、あっちから妬まれているからいじめられてしまう。
なんにもできませんね。
から、虐待をしてしまうこどもは、相手方をうらやむことはいいことですが、羨んでいじめてしまうのではなく、
そのこのように恋い焦がれる!といった先方のように思って、自分にも磨きをかけて出向くことが大事でしょう。
妬んだりいじめていらっしゃるだけでは、あたしは醜いとおりだ。www.versa-bureauvrijwilligerswerk.nl