“取る工程”で太り辛く至る!

「節食はストレスが溜まる」「好きなものを我慢するなんて心苦しい」ので、シェイプアップに挫折した実例のある人間は多いと思います。早く痩せることができるから、頂点痩せこける手だから、と間違った情報から極端に食べないシェイプアップを行っている方もとっても多いようです。

極端な節食を行えば、もちろんそれだけウェイトは静まり、少なくやせることができたというかもしれません。但し、その間違ったシェイプアップを続けていると、攻撃が全然留まり我慢が限界に達して、力一杯食べてしまい、それが止まらなくなってしまうこともあります。また、節食シェイプアップを通じて、後バク食いしなかったとしても、普通のランチタイムに戻しただけでも太りやすくなる。

頂点やせる手は、ランチタイムを毎日3食バランス良く食べ、適度な動作を行うことです。ランチタイムを極端に燃やすシェイプアップは、可愛く痩せこけることはできませんし、健康にも悪影響を及ぼします。また、3食のランチタイムをとるも、より効力を褒めちぎる手があります。それは、“召し上がる経路”を工夫することです。

シェイプアップに効果的な食べる順番で理想的なメニューで映し出すって次の経路だ。

1、フルーツ

2、生野菜、温野菜、キノコ部類、海藻部類

3、味噌汁やスープなどの吸物

4、納豆、漬物などの発酵食材

5、豆類や大豆食材などの植物性タンパク質

6、肉や魚などの動物性タンパク質

7、ご飯やパン、麺類などの炭水化物

となりますが、わかりやすくまとめると、最初に野菜、次にタンパク質、最後に炭水化物の順番になります。いつもこういう経路を守ってランチタイムをとる結果、太り辛くなるのです。

シェイプアップ内輪のランチタイムの取り方で、頂点やせる手として、召し上がる順番に気を付けることがあります。それは、野菜、タンパク質、炭水化物の順に取るのですが、これを続けることによって、効率的にシェイプアップを煽ることができるのです。では、なんで摂る経路を切り替えるだけで、頂点やせる手となるのでしょうか?

とにかく、なんで野菜から食べ始めると良いのかというと、野菜を最初に摂る結果、血糖件数の発達を緩めることができるからです。

血糖件数は、炭水化物を摂取すると上昇し、全身でエネルギー根源となる「ブドウ糖」を運ぶ「インスリン」が分泌されます。もしも炭水化物を摂りすぎるという、肝臓や筋肉に運ばれるはずのブドウ糖が貯蔵しきれず余ってしまい、その分が脂肪となって蓄積されてしまう。

このことから、シェイプアップを積み重ねるには、血糖件数が上昇しないようにすることが大切で、それを助けるのが「野菜」なのです。ランチタイムの一番初めに野菜を召し上がることによって、インスリンの件数を押さえつけることができ、脂肪のストックを防ぐ効果があるのです。

また、野菜を最初に散々食べる結果、しばらく胃腸がいっぱいになるので、その後の惣菜やご飯などの食べ過ぎを防ぐ楽しみもあります。摂る経路を守っているからといって、散々食べ過ぎたりカロリーを摂りすぎたりしては全く意味がないので、カロリーのいとも短い野菜を人一倍食べて食いでを多少得られれば、食べ過ぎることもなくなるということです。参照サイト